オフィスデスクを使い勝手の良いものにチェンジ|業務の効率化を図る

オフィス
社内

環境を大切に

事務所のインテリアなどを考えている時には、事務所レイアウトを行ってみましょう。事務所の雰囲気が変われば気分転換にもなりますので、作業が捗るなどといったメリットがあります。

基本的なことが大切

オフィス

オフィスレイアウトの基本について

オフィスは社員が一日の大半を過ごす場所。快適に作業できると、仕事の生産性も高まります。オフィスレイアウトの基本として3つの要素があります。まず机や椅子や一人当たりのスペースなどの物理的な要素、次に壁や床や天井の配色やBGMなどの音といった感覚的な要素、そして照明や空調をはじめとした環境的な要素です。例えば物理的な面では、一人当たりのオフィスデスクのスペースを算出することから始まります。職種によっても異なりますし、省スペース家具などもあるので様々ですが、一般的には必要スペースは奥行150cm・幅120cmと言われています。これを最小単位として組み合わせ一般執務機能スペースとし、この他に収納・会議・機器・福利厚生・受付・通路などの機能スペースを、物を置かないスペースであり快適なオフィスに欠かせない「間」を考慮しながら配置し、オフィスレイアウトを完成させます。

オフィスに一工夫でより快適な空間づくり

印刷技術の発達によりグラフィックデザインはポスターや広告だけではなく、オフィス内装用のグラフィックシートにも活用され、手軽に利用できるようになっています。壁や柱はもとより、デスクパネルに使ったり、半透明のグラフィックシートを大きなガラスのパーティションに貼るなど、センスある空間を作り出すオフィスレイアウトも見受けられます。また床も重要です。仕事上の動線を表すサインとして活用することもできますし、職種によるエリア分けに色彩を利用するのも便利できれいです。何よりもオフィスデスクやオフィス家具を使いやすいものに買い替えることも大切です。高さなどによって仕事の効率も変わってくると思うので、最適なオフィス家具を選択して取り入れると良いでしょう。

レディ

新しい方法

オフィス家具を安心して利用したいのでれば、家具屋さんなどに行くと良いのですが、それだけではなくネットから購入するという方法もあります。この方法のメリットを提供します。

男性

長時間の作業に最適

デスクワークが中心の業務である場合は、すわり心地の良いオフィスチェアを選ぶことが大切です。疲れにくい状態になるので、快適に仕事を続けていくことが出来てとても安心です。